トロピカルトマトができるまで

トロピカルトマトが
できるまで

5月/種まき

5月/種まき

たっぷりの水を含んだヤシ殻の培地に
 種が一粒ずつ、丁寧に蒔かれます。
発芽に最適な環境を保つと
 3日ほどで一斉に芽を吹きます。

6月/仮植

6月/仮植

初夏の光をいっぱいに浴びて
 日々成長する若いトマトの苗は、
 発芽から3週間ほど経つと、
わずか4センチ四方の狭くなった苗床から
 直径9センチ程の、新しい苗床へと移されます。
 これを仮植といいます。

7月/定植

7月/定植

 立派に育ったトマトの苗たちは、
 その上部に一斉に花の蕾みを膨らませ、
 いよいよトマトを成らせるための畑へと植えられます。
 
 一株一株、同じ量の栄養と水分、湿度など、
 トマトの生育に最適な環境でコントロールされ、
 一斉に花を咲かせます。
 その一房一房には、
 小さくも力強いトマトが実を付けます。

 立派に育ったトマトの苗たちは、
 その上部に一斉に花の蕾みを膨らませ、
いよいよトマトを成らせるための
 畑へと植えられます。
 
 一株一株、同じ量の栄養と水分、湿度など、
 トマトの生育に最適な環境でコントロールされ、
 一斉に花を咲かせます。
 その一房一房には、
 小さくも力強いトマトが実を付けます。

8月/収穫の始まり

8月/収穫の始まり

 暑さの中に涼しさが感じられる頃、
 元気に咲き誇る花たちは7房まで到達し、
 いよいよ最初のトマトが収穫されます。

9月/絞り

9月/絞り

めっきり涼しくなった夜は
 虫たちの歌で満たされ、
その冷ややかな空気が
 トマトを一層に鍛え、
 果実により多くの栄養を蓄えます。
 
 その頃から水分、養分、温度など、
トマトには過酷な環境へと
 コントロールされていきます。

10月/ヘタの緑

10月/ヘタの緑

 安定した秋の青空、乾いた空気、
 水分を必要最小限まで制限され、
まだ青々とした果実のヘタの周りには
 濃い緑が出現し、甘さを蓄えます。

11月/低日照との戦い

11月/低日照との戦い

 那須の山々から雪雲が迫り来る頃、
 太陽がトマトを照らす時間はいよいよ短くなり、
 それに伴いトマトには更なる「絞り」を加え、
 細心の注意を払いながら管理されます。

12月/その日を待つ

12月/その日を待つ

 収穫される果実にも、徐々に甘さが乗ってきて、
「トロピカルトマト」の基準の糖度に到達できる
 「その時」を待ちます。

1月/「その時」

1月/「その時」

 いよいよ糖度も基準の9.5を超え始め、
 「トロピカルトマト」の出荷が始まります。